B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

B型肝炎の訴訟についての相談

昭和23年から昭和63年にかけて、集団予防接種などの際の注射器の使いかたが原因でB型肝炎ウイルスに持続感染した人が40万人以上いるとされています。

この感染者本人、または母子感染した人には国から給付金が支給されています。

しかし給付の対象となるかどうかは、国を相手とした訴訟を起こし、証拠を提示して事実関係を確認する必要があります。訴訟の手続きや証拠集めは個人には困難であるため、全国にB型肝炎患者を対象とした弁護士会が結成されています。

B型肝炎訴訟を検討している人は、そうした弁護士に一度相談してみてください。

完治後のB型肝炎訴訟

集団予防接種が原因となるB型肝炎による肝臓がんや肝硬変などを発症したが、すでに病院で医療を受けるなどして完治しているケースもあります。すでに完治している場合においてもB型肝炎訴訟の対象になります。

できれば、B型肝炎訴訟の対象だと分かった時点で、早めにアクションを起こすのがベストですが、気が付かないという事もあります。B型肝炎訴訟と言っても、最初は症状もなく状況を把握するまでに時間を要する人もいる様です。

B型肝炎訴訟ができるかどうか分からないと、不安が募る事もありますが、医療機関で検査を受ける事によって把握する事ができます。B型肝炎訴訟の対象者がどうか分かれば、安心できる事もあるでしょう。

B型肝炎訴訟の原告団が続けていること

B型肝炎訴訟の原告団は、長い戦いを経て、国の和解方針を引き出しました。肝炎にかかった被害者全員が、これで救済されることになりました。

しかし、B型肝炎訴訟の原告団は、現在も解散はせず、再発防止策などを求めて活動を続けています。薬害はもう数十年も前から発生し続け、その都度被害者の苦しみが伝えられてきましたが、その後幾度も繰り返されています。薬害の危険があることに気づけるのは、国の関係省庁や製薬会社、医療現場などのごく限られた人々です。ほとんどの国民は知ることがかなわぬまま医療を受けるわけですから、再発防止策は必須です。

B型肝炎は汗でも感染する?

B型肝炎なのですが、汗によっても感染することがあります。主な感染経路は垂直感染と水平感染に分けられており、垂直感染とは母子感染のことを言います。

母子感染とはお母さんから赤ちゃんへB型肝炎が感染することです。一方で、水平感染とは血液感染や性行為などによって感染することをいい、血縁関係のない場合におこります。このように、水平感染では体液を介しておこります。

ここで注意したいのはB型肝炎はウイルスによって引き起こされるということです。そのため、様々な体液に存在するのです。高濃度のものでは血液から血清、中濃度では精液から唾液、そして低濃度のものでは汗、尿、便、涙、母乳があります。つまり、日常生活の中でも感染することはあるのです。しかし、こういったケースはごくまれで過度に心配する必要はないでしょう。

ページトップへ戻る