B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

B型肝炎の訴訟は個人でも起こせるのか

B型肝炎訴訟は、個人で行うことは可能ですが、司法試験などに合格して弁護士としての知識がないと無理といえます。民事訴訟は弁護士がいなくても出来ますが、B型肝炎訴訟は損害賠償の請求裁判で、国を相手に民事裁判を起こすことになります。

裁判には、母子手帳や訴状や、準備書面等の裁判に必要な全ての書類や証拠資料を全て一人で準備しなくてはいけませんし、不備のないように作成するにはかなりの時間と手間がかかります。

それよりも、やはり専門家の弁護士に依頼する方が、国からの費用の補助も出ますし、スムーズに進めることが出来るので任せた方がよいです。

電話相談から行うB型肝炎訴訟

弁護士にコネもなくB型肝炎訴訟を相談したいが、知らない弁護士の所に行って相談しにくいと感じている人もいるかと思われます。その様な場合においてはB型肝炎訴訟についてメールや電話で相談するといいでしょう。

また、B型肝炎訴訟について電話で相談すると、顔を合わせて会話をする事はできませんが、直接やり取りを行う事ができます。また、B型肝炎訴訟について気になる事があれば、メールとは違ってその場で答えを得る事ができます。

自宅など落ち着いた場所でB型肝炎訴訟について話をする事ができ、便利かと思われます。弁護士事務所を訪れるのが不安な人は、できるだけ電話でやり取りを行うといいでしょう。

B型肝炎給付金の決め手となる基本合意書

B型肝炎給付金は、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」を根拠として給付されます。

これにより、B型肝炎給付金は対象者へスムーズに支払われるようになりましたが、それでもB型肝炎訴訟という手続きを経なければなりません。その際には裁判官に判決をくだしてもらうのではなく、国と取り決めた基本合意書に記載されている条件と合致するか否かを確認し、和解を進めていくかたちになります。

いずれにせよ、事前準備を含め弁護士に相談し、B型肝炎訴訟をサポートしてもらえば、大きく負担を減らすことができます。

きちんともらうべきB型肝炎給付金を受け取り、人生を力強く生きていきましょう。

B型肝炎で嘔吐?わかりづらい初期症状とは

B型肝炎に感染すると、嘔吐することがあります。これは、肝炎によって肝機能が低下することで、胆汁を正常に作れなくなるために起こります。

胆汁は、肝臓で作られて十二指腸に分泌されるアルカリ性の液体で、脂肪やビタミンの吸収を助ける働きを持っています。そのため、胆汁がうまく作られないと、栄養を吸収できず嘔吐してしまうのです。ほかにも、発熱や黄疸、食欲低下などの症状が出ることがあります。

肝臓は痛みを感じにくく、B型肝炎に感染しても初期は無症状であることも多いです。重症化すれば死に至る肝硬変や肝臓癌になることもあります。これらの症状が出た場合には自分でチェックしてみましょう。

ページトップへ戻る