B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

B型肝炎の訴訟は個人でも起こせるのか

B型肝炎訴訟は、個人で行うことは可能ですが、司法試験などに合格して弁護士としての知識がないと無理といえます。民事訴訟は弁護士がいなくてもできますが、B型肝炎訴訟は損害賠償の請求裁判で、国を相手に民事裁判を起こすことになります。

裁判には、母子手帳や訴状や、準備書面等の裁判に必要な全ての書類や証拠資料を全て一人で準備しなくてはいけませんし、不備のないように作成するにはかなりの時間と手間がかかります。

それよりも、やはり専門家の弁護士に依頼する方が、国からの費用の補助も出ますし、スムーズに進めることができるので任せた方がよいです。

B型肝炎給付金の決め手となる基本合意書

B型肝炎給付金は、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」を根拠として給付されます。

これにより、B型肝炎給付金は対象者へスムーズに支払われるようになりましたが、それでもB型肝炎訴訟という手続きを経なければなりません。その際には裁判官に判決をくだしてもらうのではなく、国と取り決めた基本合意書に記載されている条件と合致するか否かを確認し、和解を進めていくかたちになります。

いずれにせよ、事前準備を含め弁護士に相談し、B型肝炎訴訟をサポートしてもらえば、大きく負担を減らすことができます。

きちんともらうべきB型肝炎給付金を受け取り、人生を力強く生きていきましょう。

大阪の弁護士事務所や法律事務所

大阪府内でも交通アクセスの良い大阪駅周辺には、多くの弁護士事務所や法律事務所が存在しています。目的の相談内容に合った案件を取り扱う事務所で、経験豊富な弁護士に問題解決を依頼しましょう。

B型肝炎訴訟時の弁護士えらびの際は依頼費用に注意

最近ではB型肝炎訴訟の無料相談を行なっている弁護士事務所や法律事務所が多くなりました。相談費用だけでなく、依頼時の初期費用も無料とし、国との和解成立時に費用を受け取る、というシステムを採用している事務所がほとんどです。

とても良心的な料金設定ですが、注意すべき点もあります。まず、無症候性キャリアの方の場合、条件によっては給付金額が低額となる場合もあります。このケースのみ異なる料金設定をとっている事務所があるので注意しましょう。

また、訴訟手続き用の印紙代などが高額になる場合がありますので、これらの費用が依頼費用に含まれるのか、それとも別料金となるのかを確認しておきましょう。

訴訟を行ってB型肝炎を認めさせる

大半の場合は、B型肝炎は国の責任などの影響によって起きているものですから、認められるような状況を作って対応しなければなりません。認めさせるためにも、訴訟を行っていく必要が生まれていますので、基本的に弁護士に相談して対応してもらいます。

高齢の方が多くなっていますので、家族の方もサポートのために事務所へ行き、相談に応じて下さい。B型肝炎の場合は、長く続いている傾向もありますから、B型肝炎訴訟によってB型肝炎給付金を受け取れるように調整しなければなりません。そのサポートを早くしてもらわないことには、大きな失敗に繋がります。

関連情報

B型肝炎で給付金対象なのは?
肝炎訴訟の弁護士の適性
貰える金額とB型肝炎訴訟
訴訟する際のB型肝炎書類
B型肝炎給付金について
国から期待できるB型肝炎給付金
B型肝炎給付金のもらい方
注目度の高いB型肝炎訴訟

「B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度」では、給付金請求を行うことのできる対象者についてや弁護士に依頼するB型肝炎訴訟に関する情報をご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらから。B型肝炎給付金請求・B型肝炎訴訟については、多くの実績のある大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所にご相談ください。

メニュー

TOP B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎給付金

ページトップへ戻る