B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

B型肝炎訴訟を提起する際の必要書類

幼少期の集団予防接種において注射器を連続使用されたことが原因でB型肝炎に感染した人は、訴訟の手続きを行うことで国からの給付金を受けとることができます。

B型肝炎訴訟を提起する際の必要書類は、一次感染の場合、B型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明する書類、満7歳になるまでに集団予防接種等を受けていることを証明する書類、集団予防接種等以外の原因でB型肝炎になったのではないことを証明する書類、現在の病気の状況についての診断書が必要です。

二次感染の場合は、母親が一次感染者の条件にあてはまっていることを証明する書類の他、母子感染により感染したことを証明する書類が必要です。

B型肝炎に感染した場合の症状

B型肝炎は、B型肝炎ウィルス(HBV)に血液や体液を通して、感染する病気です。感染経路は、性行為、歯ブラシやカミソリの使いまわし、注射針や刺青の針の再使用などです。しかし、感染しても、ほとんどの方は、自然に治ってしまいます。ところが、一部の方は、肝炎を発症します。

ただ、肝炎を発症したからといっても、はっきりと自覚できないことも多いです。肝臓はよほど悪くならないと、これといった症状が出ない臓器だからです。仮に、自覚症状が出たとすると、次のようなものが発生します。倦怠感、食欲不振、吐き気、発熱、黄疸、右腹部の腫れなどです。

そのまま進行すると、肝硬変や肝臓がんに至ることもあります。

ページトップへ戻る