B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

B型肝炎の主な原因とキャリアの特徴

B型肝炎ウィルスの感染者の数は、全国に大勢いることが知られており、医療関係者の中ではキャリアとして扱われています。

現在のところ、B型肝炎の原因のほとんどは確定されているため、ガイドラインなどに従って治療を行うことができます。特に、慢性肝炎の状態にある場合には、肝硬変などを併発する可能性もあるため、慎重に治療を進めてゆくことがコツとして挙げられます。

最近では、各地の医療機関においてB型肝炎の検査体制が徹底してきていることから、これからもキャリアの人々にとっては身近なところで健康管理ができるようになるとみられています。

B型肝炎ならお酒は控えよう

B型肝炎を悪化させないようにするためには肝臓に負担をかけないことが重要です。規則正しい生活をしてストレスや働きすぎ、栄養の偏りなどに気をつける必要性があります。

さらに、特に気をつけなければならないことはお酒の摂取です。B型肝炎ウイルスキャリアの人にとってお酒は劇薬と同じようなものなのです。少しだけなら飲んでも大丈夫だろうと思って飲酒してしまうと、一気に悪化してしまいます。それだけ、肝臓に対する影響力が大きいということです。

無理に飲むと下手をすると肝硬変や肝癌を引き起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

大阪の弁護士事務所や法律事務所

大阪府内でも交通アクセスの良い大阪駅周辺には、多くの弁護士事務所や法律事務所が存在しています。目的の相談内容に合った案件を取り扱う事務所で、経験豊富な弁護士に問題解決を依頼しましょう。

B型肝炎訴訟の内容に関して

全国的な問題となっている、B型肝炎に発症した人においては、B型肝炎訴訟を起こし認められればB型肝炎給付金を受け取ることができます。その給付金を受け取れるようになるためには、証拠を集めなければいけません。

裁判には時間がかかることとなりますので、勝訴するためには自分だけでおこなうよりも、弁護士のサポートを得ることでB型肝炎給付金を受け取れる可能性が高まることでしょう。

しかしながら、訴訟費用に関しては多額となりますので、心配な人も多いことでしょう。そうしたことに配慮して、国がその弁護士費用に関しても一部負担をしてくれる仕組みになっています。

B型肝炎給付金を受け取るには

集団予防接種の時にB型肝炎は、注射器を連続使用されたことが原因とされています。昭和23年から昭和63年の間に受けた集団予防接種を受けた場合に感染したことが考えられます。そうならないためにも昭和33年から注射針を取り替え、昭和63年からは注射筒を取り替を定めました。また、集団予防接種が原因となってB型肝炎に感染した人を対象にB型肝炎給付金を支給しています。

病状におうじてB型肝炎給付金の支給額は違ってきます。実際に給付を受けるには、必要な資料を揃えてから、裁判をする必要があります。集団予防接種が原因で、感染したということを証明しなければなりません。弁護士に頼んでやってもらったり、ご自身で行うことも可能です。

関連情報

B型肝炎訴訟
空気感染とB型肝炎
B型肝炎の原因と再発リスク

「B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度」では、給付金請求を行うことのできる対象者についてや弁護士に依頼するB型肝炎訴訟に関する情報をご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらから。B型肝炎給付金請求・B型肝炎訴訟については、多くの実績のある大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所にご相談ください。

ページトップへ戻る