B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

B型肝炎の主な原因とキャリアの特徴

B型肝炎ウィルスの感染者の数は、全国に大勢いることが知られており、医療関係者の中ではキャリアとして扱われています。

現在のところ、B型肝炎の原因のほとんどは確定されているため、ガイドラインなどに従って治療を行うことができます。特に、慢性肝炎の状態にある場合には、肝硬変などを併発する可能性もあるため、慎重に治療を進めてゆくことがコツとして挙げられます。

最近では、各地の医療機関においてB型肝炎の検査体制が徹底してきていることから、これからもキャリアの人々にとっては身近なところで健康管理ができるようになるとみられています。

B型肝炎ならお酒は控えよう

B型肝炎を悪化させないようにするためには肝臓に負担をかけないことが重要です。規則正しい生活をしてストレスや働きすぎ、栄養の偏りなどに気をつける必要性があります。

さらに、特に気をつけなければならないことはお酒の摂取です。B型肝炎ウイルスキャリアの人にとってお酒は劇薬と同じようなものなのです。少しだけなら飲んでも大丈夫だろうと思って飲酒してしまうと、一気に悪化してしまいます。それだけ、肝臓に対する影響力が大きいということです。

無理に飲むと下手をすると肝硬変や肝癌を引き起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

ページトップへ戻る