B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

B型肝炎ウイルスの感染経路となる原因

B型肝炎ウイルスが感染経路となる原因には、いくつかのことが考えられます。

また、麻薬や覚醒剤使用者の注射器の回しうちによるものや、B型肝炎の慢性感染者との性的接触によるものが感染経路の原因のほとんどをしめているようです。

このようなB型肝炎感染を水平感染といいます。

その他に、持続感染者の母親が出産時に産道出血によって、胎内の新生児にB型肝炎ウイルスが感染する垂直感染とよばれるものがあります。

給付金請求手続き

B型肝炎の給付金請求を多く取り扱ってきた弁護士に関する情報。

B型肝炎訴訟の和解対象とジェノタイプについて

日本国内でのB型肝炎感染については、過去に集団予防接種での対策の不備が感染経路の1つになっている事が解かっています。そしてこの事に関しては既に国を被告として訴訟が提起され、和解が成立しています。 従って感染経路が集団予防接種によるものと判断される場合には、定められた和解金を受け取る事が出来ます。但し、当然ながら経路の証明を行わなければなりません。 その証明の1つとなるのが、B型肝炎ウィルスの遺伝子検査を行ってその型を調べる事です。ジェノタイプと呼ばれる遺伝子型がB若しくはCである場合、幼少時に感染していない限りは持続感染に至らない事が知られている為に、該当する場合は集団予防接種が感染源となった可能性が非常に高いと捉えられる事から、その証明に繋がるのです。

B型肝炎原因と訴訟について

ページトップへ戻る