B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

B型肝炎訴訟で給付金の対象となるのは?

集団予防接種等で注射針を連続使用したことが原因でB型肝炎に感染した人について、国が責任を認め、感染した人と、その人から母子感染した人を救済する制度が、B型肝炎訴訟です。

給付金を支給する前に、感染の原因が集団予防接種であることを証拠に基づいて確認する必要があるため、提訴しなければいけません。

対象となるのは、B型肝炎に感染していて、満7歳までに集団予防接種等を受けており、注射器の連続使用があったこと、母子感染ではなく、その他の感染原因もないことが要件です。

また、母親がこの要件を満たし、自身がB型肝炎に感染しており、母子感染が原因の場合にも対象となります。

相談したいB型肝炎給付金

実際は法律相談をしたいが、弁護士を利用すると相談費用がかかるという事で、B型肝炎給付金の相談をためらっている人もいる様です。しかし、B型肝炎給付金で相談した際の弁護士費用は全額を負担するのではなくて、部分的に国が負担してくれます。

B型肝炎給付金の請求をすべてするとなれば、かなり作業量も多く手間もかかる事が予想されます。ですので、B型肝炎給付金については、人を頼らず行うばかりではなくて、弁護士を活用するという事について検討してはどうでしょう。場合によってはB型肝炎給付金の弁護士費用はさほど負担にならないという事もあるかと思われます。弁護士費用に関する詳しい事について調べてはどうでしょう。

ページトップへ戻る