B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

B型肝炎訴訟で給付金の対象となるのは?

集団予防接種等で注射針を連続使用したことが原因でB型肝炎に感染した人について、国が責任を認め、感染した人と、その人から母子感染した人を救済する制度が、B型肝炎訴訟です。

給付金を支給する前に、感染の原因が集団予防接種であることを証拠に基づいて確認する必要があるため、提訴しなければいけません。

対象となるのは、B型肝炎に感染していて、満7歳までに集団予防接種等を受けており、注射器の連続使用があったこと、母子感染ではなく、その他の感染原因もないことが要件です。

また、母親がこの要件を満たし、自身がB型肝炎に感染しており、母子感染が原因の場合にも対象となります。

相談したいB型肝炎給付金

実際は法律相談をしたいが、弁護士を利用すると相談費用がかかるという事で、B型肝炎給付金の相談をためらっている人もいる様です。しかし、B型肝炎給付金で相談した際の弁護士費用は全額を負担するのではなくて、部分的に国が負担してくれます。

B型肝炎給付金の請求をすべてするとなれば、かなり作業量も多く手間もかかる事が予想されます。ですので、B型肝炎給付金については、人を頼らず行うばかりではなくて、弁護士を活用するという事について検討してはどうでしょう。場合によってはB型肝炎給付金の弁護士費用はさほど負担にならないという事もあるかと思われます。弁護士費用に関する詳しい事について調べてはどうでしょう。

B型肝炎感染者が給付金を受けとれます

B型肝炎は、肝炎ウイルスに侵されていると発症します。感染している場合には、食欲低下や全身倦怠感などが起こりますが、ほとんどの人に自覚症状がなく、当人も長期間感染していることに気づかず、肝がんなどの大病に発展してしまう事が多いです。

B型肝炎ウイルスの感染経路は、血液感染が多く、注射器の使いまわしやお母さんから直接感染していきます。感染している人達を一次感染者、二次感染者に分類し、国にB型肝炎訴訟を起こすことによって、給付金を国からもらうことができます。

B型肝炎給付金は、自分の症状によって異なりますが、数百万人の方が対象となっています。

B型肝炎訴訟の内容について

B型肝炎の症状のなかには発症しているにもかかわらず、気がつかないような人もいるようです。自分には関わりがないようにも思えますが、なかには幼い頃の予防接種が原因となり、感染してしまったような人もいるようです。

現代では信じられない話しですが、当時の注射器の使い回しによって、集団感染が起こってしまったことがあげられます。このことが原因でB型肝炎を発症してしまったのであれば、訴訟を起こすことで給付金の受け取りが可能になります。さまざまな条件がありますので、まずは大阪や神戸の専門の弁護士事務所や法律事務所に相談をおこなうことで、具体的なことがわかることでしょう。

関連情報

肝炎訴訟の弁護士の適性
貰える金額とB型肝炎訴訟
訴訟する際のB型肝炎書類
肝炎訴訟
B型肝炎給付金について
国から期待できるB型肝炎給付金
B型肝炎給付金のもらい方
注目度の高いB型肝炎訴訟

「B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度」では、給付金請求を行うことのできる対象者についてや弁護士に依頼するB型肝炎訴訟に関する情報をご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらから。B型肝炎給付金請求・B型肝炎訴訟については、多くの実績のある大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所にご相談ください。

ページトップへ戻る