B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

サイト案内

当サイトはB型肝炎の情報を掲載しています。
肝炎訴訟は弁護士に依頼することでスムーズに行うことができます。

給付金請求手続き

B型肝炎の給付金請求を多く取り扱ってきた弁護士に関する情報。

債務整理、過払い金請求、交通事故相談、B型肝炎訴訟など。様々な案件に対処できる法律事務所。サポートしてくれる弁護士に相談するならこちら。

予防接種によるB型肝炎の給付金政策

B型肝炎の持続感染者は、日本国内で140万人と推計されています。
昭和23年から63年までに行われていた「予防接種」が原因である、集団感染の事実がみとめられており、感染者には政策として給付金の支給が行われています。

指定の時期(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日まで)に行われた集団予防接種などで、注射器の連続使用によりB型肝炎に感染した方と、母子感染がみとめられた方の病態に応じた金額が支払われます。

給付金を受け取るためには、裁判所において事実確認と、国家賠償請求訴訟を提起することになり、国との和解をすすめていくことになるでしょう。

ページトップへ戻る