B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

注目度の高いB型肝炎訴訟

当時、義務付けられていた予防接種において、B型肝炎に発症されてしまったと考えられるような人は多く、予想では140万人程度の感染者がいるようにも思われています。インターネットなどでもB型肝炎訴訟や給付金などの関心は高く、さまざまな内容の質問を閲覧することができます。

そのなかでも、訴訟を起こしてから解決し、B型肝炎給付金受取りまでの期間がどの程度なのか知りたい人も多いようです。

2011年度に基本合意が制定されてから、該当者においてのB型肝炎訴訟は増えていることがあげられます。そのことを加味すると時間がかかってしまうことも考えられますが、おおよそで1年から2年程度の期間がかかると言われています。

B型肝炎給付金を受けられる対象者

B型肝炎給付金は、集団予防接種とB型肝炎の発症に因果関係が認められた方が受け取ることができます。その他にも、細かい条件があり、現在も引き続きB型肝炎にかかっていること、満7歳までに集団予防接種を受けていること、輸血や母子感染など集団予防接種以外の感染源が認められないこと等があります。

今では考えられないことですが、昔は予防接種を行うときに、一つの針を使いまわしていました。それが原因でB型肝炎にかかったという人がB型肝炎訴訟を起こし、国が責任を認めて和解して給付金を払うことになったというのがおおよその経緯です。

平成24年から病態に応じて一人50万円から3600万円のB型肝炎給付金が支給されています。

大阪の弁護士事務所や法律事務所

大阪府内でも交通アクセスの良い大阪駅周辺には、多くの弁護士事務所や法律事務所が存在しています。目的の相談内容に合った案件を取り扱う事務所で、経験豊富な弁護士に問題解決を依頼しましょう。

給付金が多くてもB型肝炎では満足できない

給付金が多くなっていたとしても、B型肝炎は満足できる状況にないのは間違いありません。かなり多くの金額を得ていても、それまでにかかっている治療費の問題も有り、正直満足できる環境にあると言えません。それでも妥協しなければならない現状も有りますので、これで我慢するしか無いと思ってください。

B型肝炎給付金を増やす方法は用意されていますが、限定されている方法の範囲内で行っていくのは相当難しい傾向もあります。B型肝炎を患っているなら、受けられるお金は得ていることが大事になってきますが、多くする方法は非常に難しいです。

関連情報

B型肝炎で給付金対象なのは?
肝炎訴訟の弁護士の適性
貰える金額とB型肝炎訴訟
訴訟する際のB型肝炎書類
肝炎訴訟
B型肝炎給付金について
国から期待できるB型肝炎給付金
B型肝炎給付金のもらい方

「B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度」では、給付金請求を行うことのできる対象者についてや弁護士に依頼するB型肝炎訴訟に関する情報をご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらから。B型肝炎給付金請求・B型肝炎訴訟については、多くの実績のある大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所にご相談ください。

メニュー

TOP B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎給付金

ページトップへ戻る