B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

B型肝炎給付金のもらい方

B型肝炎給付金は、集団予防接種の注射針の使い回しが原因でB型肝炎に感染した人、またはその家族に支払われる給付金のことです。

ただしこの制度は患者全員に給付金が支払われるというわけではなく、B型肝炎訴訟手続きを行うことによって症状ごとに定められた金額を受け取れるものです。

B型肝炎給付金を受け取るためには、①弁護士に相談②病院の記録や検査結果などの証拠集め③訴訟・和解④給付金支払いという手順を踏むことになります。

給付金を受け取るためには、検査等を行ったり訴訟のために間に弁護士に入ってもらう必要があるため手続きは大変ですが、発症から20年未請求でいると支払われるB型肝炎給付金が減額されるため、早めの行動開始が肝心です。

訴訟中はB型肝炎の状況を弁護士に伝える

訴訟が起きている場合には、B型肝炎の状況について知ってもらえるようにして、弁護士に発言して貰う方法を取らなければなりません。わかっていなければ発言できないのが弁護士ですから、なるべく情報を伝えるようにする取り組みを行ってください。

現在の状況については、常に相談することで伝えられるように、そして把握してB型肝炎訴訟にプラスとなる方法を取るようにしていきます。

B型肝炎の場合は、劇的に症状が悪化する可能性も出ていますので、もし症状の悪化が起こっているようならすぐに伝えてください。これは大きな影響を与えるのです。

劇的に症状が変わるとB型肝炎給付金に影響

かなり影響が強い場合には、高額なB型肝炎給付金を支給するように定めています。当然現時点での状態に応じて支給されるものとなりますが、劇的に症状が変わってしまう場合もあります。このような状態となっている場合には、少し考えていかなければなりません。

もしかしたらプラスとなる可能性がありますので、もう1度B型肝炎訴訟に踏み切るケースもあります。

B型肝炎給付金を受け取っていく場合に、現時点での問題をしっかり見てもらわないといけませんから、金額に納得できない場合などは訴訟を続ける場合もあります。ただ認められるかどうかは別です。

B型肝炎に発症して肝炎訴訟をおこす

まさかと思っている人も多いと思いますが、当時ウィルス感染などを防ぐために行った予防接種が原因で、B型肝炎になってしまった人もいるようです。そのような人においては、給付金の精度がありますので、認められることで受け取りすることができます。

しかしながら、このB型肝炎給付金を受け取るにあたっては、裁判を起こす必要がありますので、一般の人には簡単に受け取れるような制度ではないようです。

弁護士のなかには、このB型肝炎を専門に訴訟をおこなっている人もいますので、そうした法律家に依頼をおこなうことで解決が可能になるようです。

関連情報

B型肝炎で給付金対象なのは?
肝炎訴訟の弁護士の適性
貰える金額とB型肝炎訴訟
訴訟する際のB型肝炎書類
肝炎訴訟
B型肝炎給付金について
国から期待できるB型肝炎給付金
注目度の高いB型肝炎訴訟

「B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度」では、給付金請求を行うことのできる対象者についてや弁護士に依頼するB型肝炎訴訟に関する情報をご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらから。B型肝炎給付金請求・B型肝炎訴訟については、多くの実績のある大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所にご相談ください。

ページトップへ戻る