B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

B型肝炎の原因と再発のリスク

B型肝炎の感染原因は、主に血液や体液です。カミソリや歯ブラシの貸し借りや、パートナーとの性行為によっても感染する可能性があります。

ウイルスを取りこんでも無自覚の人も多いのですが、長年経ってから肝硬変やガンへと移行することもあります。そのため、B型肝炎に感染してしまったら、経過を観察することが必要になります。

一度ウイルスに感染した人が、症状が治まった後に再感染することはありません。

ただし、B型肝炎のうち慢性型は、薬の投与を中止すると再発する恐れがあります。そのため、慢性のB型肝炎になって投薬が始まると、一生続けられることになります。

給付金請求手続き

B型肝炎の給付金請求を多く取り扱ってきた弁護士に関する情報。

ページトップへ戻る