B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度

B型肝炎の原因と再発のリスク

B型肝炎の感染原因は、主に血液や体液です。カミソリや歯ブラシの貸し借りや、パートナーとの性行為によっても感染する可能性があります。

ウイルスを取りこんでも無自覚の人も多いのですが、長年経ってから肝硬変やガンへと移行することもあります。そのため、B型肝炎に感染してしまったら、経過を観察することが必要になります。

一度ウイルスに感染した人が、症状が治まった後に再感染することはありません。

ただし、B型肝炎のうち慢性型は、薬の投与を中止すると再発する恐れがあります。そのため、慢性のB型肝炎になって投薬が始まると、一生続けられることになります。

B型肝炎に感染している方は給付金を受け取れます

B型肝炎は、肝炎ウイルスに感染して発症する病気です。感染していると、全身倦怠感や食欲低下などの症状が現れますが、ほとんどの方に自覚症状がありません。本人も長い間感染していることに気が付かず、肝がんや肝硬変に進行している場合があります。

B型肝炎ウイルスは、血液感染で、注射器の連続使用や母子感染などで感染していきます。このような感染経路で感染している方を一次感染者、二次感染者といい、国にB型肝炎訴訟を起こすことで、B型肝炎給付金を受け取る事ができます。額面は症状に合わせて大きく変化しますが、多くの人が対象者となります。

大阪の弁護士事務所や法律事務所

大阪府内でも交通アクセスの良い大阪駅周辺には、多くの弁護士事務所や法律事務所が存在しています。目的の相談内容に合った案件を取り扱う事務所で、経験豊富な弁護士に問題解決を依頼しましょう。

B型肝炎訴訟に関して

特定の事情により、B型肝炎になった人は国家賠償を求めることができるB型肝炎訴訟で給付金がもらえるかもしれません。

もう国が非を認めていることですから、本人はもちろんのこと、母親の感染によって母子感染された人もそうですし、或いは遺族の人でも相続人として国に肝炎訴訟を起こし、B型肝炎給付金を受け取ることができる可能性があります。

自分の判断で諦めてしまう前にしっかりとした弁護士に相談をするようにしましょう。定められた金額のB型肝炎給付金が国から支給してもらうことができるのです。定期検査費用などの支給もそうですし、手続きなどの弁護士費用の補助もあるのです。

自分で行うB型肝炎給付金の支給の手続き

どうしても自分でB型肝炎給付金の支給の手続きを行いたいと考える人も中にはいる様です。確かに、B型肝炎給付金の支給の手続きについては、必ずしも弁護士がいなくても対応する事は可能です。

しかし、B型肝炎給付金の支給の手続きを行う事で多額の費用の受け取りが実現する事もあるため、その手続きは簡単ではありません。

B型肝炎給付金の支給の手続きは、詳しく調べながら進めないといけない事もあります。そのため、B型肝炎給付金の支給の手続きは、予想以上に時間や手間がかかる事もあります。

しかし、どうしても難しいと感じられる様であれば、期限内であれば弁護士に相談する事で依頼する事が可能です。

無料でB型肝炎訴訟の相談ができる弁護士団

ただ弁護士団はB型肝炎訴訟の相談ができるだけではなく、無料相談が可能な場合が多い様です。B型肝炎訴訟の事で弁護士団に相談する際に有料となれば、ためらいがちですが、無料となれば相談しやすくなります。

また、手元にお金がない状態の人でもB型肝炎訴訟で受け取る給付金を差し引いて弁護士団が相談者に支払う事になります。

そのため、弁護士団に対しては、B型肝炎訴訟の費用を財布からお金を出して支払う必要はない場合もあります。

お金がないからという事を理由にB型肝炎訴訟に関する相談を弁護士団に行う事を断念する必要はありません。救済のチャンスを逃さない様にする事が、何より重要であると考えられます。

関連情報

B型肝炎訴訟
B型肝炎キャリアの特徴
空気感染とB型肝炎

「B型肝炎ウイルスの感染経路と給付金制度」では、給付金請求を行うことのできる対象者についてや弁護士に依頼するB型肝炎訴訟に関する情報をご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらから。B型肝炎給付金請求・B型肝炎訴訟については、多くの実績のある大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所にご相談ください。

メニュー

TOP B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎給付金

ページトップへ戻る